ニコチンと肺がん

近年増加傾向にある肺がんは、ニコチンとどのように関係しているのでしょうか。

たばこを折る医師

香港からもやってくる病院でのニコチン中毒治療

日本では国を上げて禁煙治療が行なわれて効果が出ています。日本で行なわれている禁煙治療はタバコを止めるだけではなく、ニコチン中毒患者にも効果があるので国内外から注目されており、香港から治療を目当てに来日する患者もいるほどです。香港でも注目されている禁煙治療は投薬とカウンセリングが行なわれています。海外では市販されている薬でもあるのですが、日本のように治療として投薬のスケジューリングやカウンセリングをしてくれることは少ないようです。香港からやってくる患者も投薬のバランスが悪く、これまで効果が出せず、医師の処方でしっかりとした投薬バランスを教えて欲しくてやってくるようです。ニコチン中毒は一般的に病気とは認識されていない事が多いですが、病気であり、病院で治療を受けることが重要な病気です。ニコチン中毒はタバコを吸えないことで起こることが多く、手が震えたり、落ち着かなかったり、怒りっぽくなったりします。中には症状が悪化して鬱になってしまう場合もあるようです。病院で行われる治療は主に禁煙外来が病院内に設置されて行なわれることが多いようです。ニコチン中毒の治療では投薬を数週間行いますが、処方される量は個人差があります。投薬によって脳内でニコチンを必要としないようになれば自然とタバコも止められます。しかし、投薬当初から効果が出ることは少ないのでタバコを吸いながら投薬治療を受けます。タバコを吸えることで精神的に楽になり、治療もスムーズに進むと言われています。中には薬の効果が良く出て初日からタバコの本数が激変する方も少なくありませんが、吸っていた期間が長い方などは本数が減るのに時間がかかる場合もありますが、長期的に対応することが必要です