ニコチンと肺がん

近年増加傾向にある肺がんは、ニコチンとどのように関係しているのでしょうか。

たばこを折る医師

文京区のクリニックでニコチン中毒の治療を受ける

文京区にはたくさんのクリニックがありますが、最近増えているのが禁煙外来です。禁煙外来は単に禁煙を薦めるだけではなく、ニコチン中毒を病気として考え、治療をしてくれる病院です。文京区のクリニックでは多くがカウセリング付きの投薬治療を行っているようです。文京区のクリニックで行なわれている治療は全国的にも採用されることが多い治療方法であり、患者への負担が少なく、また、禁煙できた患者さんの数も大変優秀です。禁煙をする理由はニコチンを摂取しなくてもよい体づくりです。ニコチンは脳内で受容体に作用することで気分を落ち着かせる仕組みですが、中毒性が強く、脳が変換してしまいます。また、個人差が大きいのですぐに禁煙できる人と一人ではほぼ無理な方がいます。禁煙外来では個人個人に最適な投薬治療を行います。投薬にはいくつかの薬が利用されますが、一般的にはニコチンの代わりになる薬剤とタバコを摂取した時に美味しく感じないようにする薬です。ニコチンの代わりになる薬剤は脳内で受容体にニコチンよりも早く作用することで脳にニコチンが必要ないことを思い出さます。また、中毒症状を抑える効果があるのでタバコを摂取しなくてもよくなります。また、合わせてタバコの味が美味しく感じない、逆にとてもまずく感じさせることで自然と禁煙に導きます。ただし、投薬は体への急激な変化を持たさせてしまう可能性も高いので少量から始まりますのである程度の期間が必要です。また、投薬によって一時的に禁煙ができる方も多いのですが、投薬期間が短い場合は禁煙状態が崩れてしまう方も多く、再度禁煙治療が必要になる場合も少なくありません。治療は医師によって適切に行われないと効果がでないことが多いです