ニコチンと肺がん

近年増加傾向にある肺がんは、ニコチンとどのように関係しているのでしょうか。

たばこを折る医師

ニコチン馬鹿には注射もあります

ニコチンは体内に入ると脳内で受容体に作用することで脳をご動作させる困った物質です。麻薬ほどの強うさはありませんが、中毒症状は他の物質に比べるとても強いものです。また、ニコチンは脳での中毒症状の他に他の臓器へも悪影響を与えることもわかってきており、タバコを止めることを推奨されています。しかし、中毒症状は馬鹿と言われるほどの強さがあり、タバコを止めるのはとてもつらいことと言われています。禁煙を決めても3日続かなかったという方も多く、タバコをやめられない馬鹿と言われてしまう方も少なくありません。多くの方はニコチン馬鹿になっており、中毒症状に陥っていることをまず認識することが重要です。中毒症状は一人では治せないことが多く、投薬や注射によって対応するしかないほど重い中毒症状の方も少なくないのです。

ニコチン馬鹿には注射

中毒症状は病院で治してもらえます。禁煙外来と呼ばれる専門外来を用意してる病院も増えており、投薬や注射で症状を減らしていき、最終的には禁煙を実現してくれると好評です。治療にあたっては重い中毒症状があるなら注射を利用することもありますが、多くの場合は体への負担が少ない投薬によって行なわれることが多いようです。投薬にはニコチンが体内に入った際に気分が悪くなったり、たばこを美味しく感じなくする効果あります。また、中毒症状も抑えられることで禁煙に自然に入っていけるようにします。投薬は長期間に渡ることが多く、負担がありますが、中毒症状をいきなり失くすことは体に負担がかかりますのである程度の期間を利用するのはしかたありません。また、途中で診察をやめてしまう方も少なくないのですが、適切な期間投薬することで治療が完結するので途中で止めると中毒症状に戻ってしまう方も多いので注意が必要です