チャンピックスで肺がんのリスクを回避

禁煙成功率の高い事が評判となり、利用者が増えている禁煙補助薬がチャンピックスです。
チャンピックスで禁煙が上手くいくメカニズムは、脳内のニューロンという組織に存在するニコチン受容体をコントロールするところにあります。
煙草の喫煙により体内に取り込まれたニコチンは、脳内ニューロン組織の一部であるα4β2ニコチン受容体に結合する事によりドーパミンが放出され、心地よいと感じる事が出来ます。
この一連の作用により、煙草を吸うと美味しいと感じるのです。
一方、チャンピックス含まれている成分もニコチン受容体に結合する事が可能です。
また、結合すると少量のドーパミンを放出するので、禁煙時のイライラや不安感を抑える事ができます。
この原理から、煙草でニコチンを補充するよりも先にチャンピックスを服用する事により、有効成分が先回りして、ニコチン不足からやってくるタバコを吸いたいという禁断症状を抑制する事が可能となるのです。
ニコテックスやニコチンパッチも基本は同じ原理です。
ですが、それらの製品ではニコチンを煙草以外で取り込んでいるという事実には変わりなく、肝心のニコチン依存を取り除くことができないままです。
それに対して、チャンピックスは、ニコチン以外でニコチン不足を解消する事のできる唯一の禁煙補助薬だから、人気となっている事がわかります。
喫煙しても満足感が得られなくなります。
チャンピックスの特徴は、喫煙の際に、いつも得られていたはずの満足感が得られないように仕向ける働きがあり、チャンピックスで肺がんのリスクを回避できるところです。
本来は、喫煙してニコチンが満たされることで満足感が得られるので、喫煙という行為が心地よいことであると無意識に認識されていたものが、チャンピックスの服用により、既にニコチンが必要ない状態にあるので、喫煙が心地よくないのです。